保育士 口コミ, 保育士 転職

転職活動中で悩む保育士の強い味方は「口コミ」だった!

転職活動中で悩む保育士の強い味方は「口コミ」
転職活動中で悩む保育士の強い味方は「口コミ」

最近、保育士求人サイトが増えてきましたね。現在では、日本に30以上のサイトがあります。数あるサイトから、どのような判断基準で、自分に合った保育士求人サイトを選べばいいのでしょうか

まずは、自分にとって見やすいサイトかどうか、求人が多いかどうかは、判断基準として注目しやすいポイントです。さらに、もうひとつ注目しておきたいことが、「口コミ」なのです。

実際にそのサイトを利用した人たちが、リアルな意見として口コミを残しています。そこには、いい評価もありますが、なかには厳しい評価もあります。口コミには、そのサイトに対して率直でありのままの意見が書かれているのです。

転職活動中で悩む保育士の強い味方は「口コミ」
転職活動中で悩む保育士の強い味方は「口コミ」

なぜ、保育士求人サイトを口コミで選ぶの?

実際にその保育士求人サイトを利用する人たちが、どのような感想を持っているのかを、口コミから読み解くことができます。

「対応がスピーディーでよかった」、「希望する地域の求人が、意外に少なかった」、「きめ細かな電話対応で安心した」などといった感想は、実際に転職を目的としてそのサイトに登録し、利用した人にしか感じることのできない生の声です。

どのようなサイトなのかと探っている状態の人にとっては、これらの口コミが判断するうえで有力な情報になるはずです。

事前に情報を得ることなく、気になる保育士求人サイトに登録してしまうよりも、はるかに安全でしょう。

また、口コミをみることは、転職活動にかける時間を削減することにもなります。いくら「手軽」をうたっているサイトが多いからといって、実際に登録して、アドバイザーと話して、求人を紹介してもらって、その求人について自分で調べて・・・全然良い求人じゃなかった!となれば、その時間が本当にもったいないですよね。

毎日仕事でつかれているのにさらに転職活動も、なんてなったら、どちらかがおろそかになりそうです。効率よい就活で、現在の仕事も転職活動も、両方成功するようにしましょう。

口コミを投稿している人にも注目

希望する保育園の条件が人それぞれ違うように、「サイトの使いやすさ」もまた1人ひとり異なります。

たとえば、あるサイトを使っているMさんは、「このサイトの対応、どうも雑に感じて、私に合わない気がする…」と残念に思っていますが、同じサイトを使っているNさんは、「快活なサポートで充実しているし、私にピッタリのサイトと出会えた!」と手放しで喜んでいます。

このように、人それぞれには希望や好みがあるため、同じサイトでも評価や印象が大きく変わるものだと、先に頭に入れておくことが大切です。

そのうえで、できるだけ多くの口コミをチェックすることが、客観的にその保育士求人サイトの評価を判断するために必要になってくるのです。

多くの利用者の意見が集まっていることで、そのサイトがどのような感想を持たれているのかについて、だいたい理解できるのではないでしょうか。

保育士や専門のコンサルタントの口コミは

同じ口コミでも、保育士をやっている人と保育士でない人の口コミは大きく違います。

保育士としての仕事のつらさや、職場の悩みをしっているからこそ、その口コミは参考になるのです。

また、保育の転職に詳しいコンサルタントが書いている口コミも、さすが多くの転職者の要望や感想を聞いているだけあって、しっかりと要点をおさえたレビューをしてくれています。

こういった質の高い口コミが集まっているサイトを探すのが重要です。

私が実際に転職のときに使ったこちらのサイトでは、保育士の経験もあるプロのアドバイザーさんのレビューがたくさん載っていました。

>>>>>ストレスにさようなら。保育業界に詳しいアドバイザーの求人口コミを参考に転職活動をしたい方はこちら

サイトを眺めているだけでも、求人内容をより具体的に知ることができてとっても便利だったので、ぜひ見てみてくださいね。

著者

関西で保育士をしています。転職経験あり。

まとめ

いかがでしょうか?

たかが口コミ、と思っていた方も多いんじゃないかと思います。

でも、同じような立場の人がいだいた感想って意外と参考になるものなんですよ。

でも、最近は口コミサイトもたくさんありますよね。良いといっている人もいれば、全然良くないと正反対のことを言っている、というときもあります。

次回は、良い口コミと参考にならない口コミについてご紹介いたします。

保育士 口コミ, 保育士 転職

保育士求人サイト「マイナビ保育士」の口コミや評判は

「マイナビ保育士」の口コミや評判
「マイナビ保育士」の口コミや評判

「マイナビ保育士」は業界の中でも一番の知名度を持っている求人サイトです。
それは古くから人材派遣をしてきたという実績と、信頼があるからです。

「マイナビ保育士」に登録しておけば、保育士の転職もいいところを紹介してくれそう!と思っていませんか?

そこで今回は実際に利用した人からの口コミや評判をご紹介します。

「マイナビ保育士」の口コミや評判
「マイナビ保育士」の口コミや評判

「マイナビ保育士」の特徴は?

まず特徴をご紹介しましょう。
「マイナビ保育士」は人材派遣の老舗会社が運営しています。

そのため、歴史も深く厚生労働省の認可を取得しているという安心感があるのです。

歴史があるので、経験も豊富ですし、転職に関するノウハウもばっちりです。
まず「マイナビ保育士」に登録すると、複数の求人情報を提示してくれます。

これはあなたの希望により合う求人を、という「マイナビ保育士」からの気遣いとも言えるでしょう。
そしてその求人もクオリティが高く、あなたの転職を全力でサポートしてくれるのです。

これは「マイナビ保育士」が保育施設などと太いパイプで繋がっているということに他なりません。
道がなければ紹介できる求人も限られますよね。

そう言った意味で「マイナビ保育士」はたくさんの道を見つけることができる転職サイトとなっています。

妥協しない転職を見つけたい!という人はコンサルタントさんに希望をしっかりと伝えることが必要になってきますね。

「マイナビ保育士」の口コミや評判のまとめ

では実際に利用した人の口コミや評判をまとめてみましょう。
これを見ることで、あなたにあった転職サイトかどうかを判断することができます。

とっても満足した人の口コミ

「何といっても大手の転職サイトなので、安心して任せることができた」

「自分の希望条件にあった保育園を複数紹介してくれて、その中から選ぶことができた」

「コンサルタントさんがとても丁寧でサポートしてくれた」

「私が納得する転職先を、何回も探してくれて、妥協しない転職ができた」

など、たくさんの口コミがあります。
中でも多く見られたのは、大手の転職サイトなので、安心だったという口コミです。

確かに、「マイナビ保育士」さんは大手でもありますし、求人数もクオリティも高くなっています。
他にも

「夫の転勤で急に県外に行くことになり利用した。土地勘のない私に代わって転職先を教えてくれた」

という口コミもあります。
土地勘のない場所に行くというのは大変ですよね。

しかし転職はしたい、と考えるものです。
登録しておけば、その土地での求人を紹介してくれますので、大船に乗った気持ちで転職できますね。

ちょっと残念だった人の口コミ

中には期待外れだった人もいるようです。

「自分の希望に合う求人がなかなか見つからなかった。」

「一度登録しておくのはいいと思うけど、そこまで実用性がない。」

「通勤にかかる時間が記載されていなくて、結局自分で調べた。登録しても負担が減った感じはしなかった。」

大手のサイトだからこその口コミではないでしょうか?希望の求人を求めてやってくる人はいます。

しかし、妥協したくない人もいます。
そう言った人には自分の希望に合わないと感じてしまうのでしょう。

更には

「関西圏の求人を探していたけれど、関東の求人がほとんどであまり活用できなかった。」

という人もいました。

地方によって求人にばらつきがでるのは仕方ありませんね。

コンサルタントさんが頼もしいのが「マイナビ保育士」

転職する時、一番あなたの力となってくれるのは誰でしょうか?
それはコンサルタントさんです。

コンサルタントさんにあなたの希望を伝えることで転職活動はスタートします。

「マイナビ保育士」は登録すればキャリアコンサルタントさんがついてくれます。

自分はどんな保育園が合っているのか?こんなことで悩んでいるなどの相談にも乗ってくれる心強い味方です。

コンサルタントさんの中には保育士の経験を持っている人もいます。
また「マイナビ保育士」さんでは、人材派遣のノウハウがあるので、キャリアコンサルタントさんはプロ中のプロと言えます。

転職に関するアドバイスや、サポートは経験に基づくものです。
これって不安だらけの転職活動の中ではとても嬉しいことではありせんか?

唯一欠点をあげるとしたら、エリアが関東圏に絞られるということです。
関東圏で転職を考えている人は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか?

保育士 口コミ, 保育士 転職

保育士転職サイト「保育の求人あるある」を調べてみた

保育士転職サイト「保育の求人あるある」
保育士転職サイト「保育の求人あるある」

前回は、良い求人サイトとそうでない求人サイトを見抜くためにいろいろな情報をご紹介しました。

今回は、実際に私がつかってみた求人サイトをご紹介しようと思います。

保育士転職サイト「保育の求人あるある」
保育士転職サイト「保育の求人あるある」

特徴①「復職希望の人に向いている!」

口コミを調べてみた時に一番最初に上がってきた意見は、「長いブランクがあっても保育士として復帰できた」というものです。

復職を希望している保育士さんというのは、本当にたくさんいます。

保育士の資格というのは、一度取得すると更新手続きなどがなく、一生ものの資格になるからです。

そこで子育てが一段落して働きに出たい!と思っている潜在保育士が復職を目指すんですね。

しかし、保育というのは生きている現場です。一度離れてしまうと復職ができるか本当に不安になるものです。

そういった不安を持っている保育士さんに向けて、希望の条件を叶えることができるようになっているのです。

特徴②「求人情報が細分化されている」

自分にあった希望の転職先を見つける時、まずは検索しますよね。
その時に、自分の希望にあった転職先が見つからなかったら、「やっぱり駄目だったか」と落ち込んでしまうものです。

しかし「保育の求人あるある」さんは公開求人情報が非常に細かく分かれていて、自分にぴったりの希望を叶えてくれるものがあるんです。

「保育の求人あるある」さんを利用して復職した人のエピソードには、25年ぶりに現場復帰したという人もいます。

最初は週3日程度の勤務から徐々に正規職員に向けて復帰を段階的に進めていったという人もいるのです。

ブランクが長いと転職したその日から以前のようにバリバリ働く、というのは難しいものです。

体力的な不安、現場の感覚に慣れていない不安。

そんな状況に応じて無理のない形で復帰したい!と思う人もたくさんいます。
そう言った人に向けて、派遣職員から正規職員まで幅広い雇用形態を提案してくれる求人サイトになっているんです。

特徴③「紹介予定派遣制度がある」

初めて耳にされる人もいるかと思います。
しかし実際に口コミを見ていると、この「紹介予定派遣制度」というのが非常に評価がいいのです。

これは「保育の求人あるある」の求人情報を見ていると、雇用形態に「紹介予定派遣、正規職員」などと記載されている所があります。
これがこの制度を取り入れている求人になります。

この制度は何だ?というと、まずは派遣職員として6ヶ月間勤務します。
実際に働いてみて、ここで長く働きたい!と思えばそのまま正規職員として雇用します、という制度です。

保育園の雰囲気や人間関係などは実際に働いてみないと見えてこない部分もありますよね。
人間関係に疲れて転職したのに、転職先でも人間関係で悩まされているというのはよく聞く話です。

しかし、この「紹介予定派遣制度」を使えば6ヶ月間いわゆるお試しができるんですね。
自分に合っていない、と感じれば勤務をし続ける必要はありません。

転職し続ける悪循環感から抜け出せるきっかけになることでしょう。

特徴④「アフターフォローもきめ細やか!」

転職先が決まり、就業が始まると求人サイトではノータッチのところも多くあります。
しかし口コミを見ていくと「保育の求人あるある」さんでは、就業後もケアしてくれてありがたかったというものが多いのです。

コーディネーターさんが働き出して、実際に困っていることや悩みはありませんか?と電話をしてくれたり、
相談にもいつでも応じてくれるなど、人間味あふれる対応をしてくれるようです。

必要が有れば保育園側に交渉もしてくれるようです。

問題解決に向けて動いてくれるというのは、安心して働ける基盤作りには頼もしい味方ですね。

まとめ

このように痒いところに手が届くといったフォロー抜群の「保育の求人あるある」さん。

気になった方はサイトを覗いてみてはいかがでしょうか?

次回はもうひとつ私が実際に使ってみた保育士求人サイトをご紹介します。

保育士 口コミ, 保育士 転職

口コミで人気の求人サイトの特徴と、避けるべき求人サイトの特徴

口コミで人気の転職サイト
口コミで人気の転職サイト

口コミで人気の高い保育士求人サイトは?

有名どころを中心に、それぞれの保育士求人サイトには、多くの口コミが寄せられています。

求人数の多さが業界でもトップクラスの保育ひろばには、「想像以上に好待遇の保育園に出会うことができた」、「転職支援のネットワークが全国各地にあるので、地方への転職を考える保育士の強い味方になる」、「転職が決まるとお祝い金として2万円もらえるのがうれしい」など、実際に登録した人のリアルな声が集まっています。

  • 求人数の多さは、それだけ好条件の転職先に出会える可能性が極めて高いこと
  • 都市部の求人を専門とするサイトが多いなか、全国各地の求人を紹介してもらえるのが心強いポイント
  • 給料が高いとはいえない保育士には、就職が決まってもらえるお祝い金がとても助かる!

口コミのなかでも多く寄せられるこれらのポイントが、人気の理由になっています。職場選びで大変な思いをしている保育士の苦労をしっかりと共感し、理解してくれるからこそ実現できるサポートですね。

口コミで人気の転職サイト
口コミで人気の転職サイト

二度と使いたくない保育士求人サイトの特徴

逆に、「こんなサイト、もう二度と使いたくない…」と利用者に思わせているサイトには、どのような特徴があるのでしょうか。保育士求人サイトの口コミを調べていくと、手厳しい評価を見つけることもあります。そのようなマイナス評価を見逃さないことが、信頼できるサイトを探すときに大きなヒントになるのです。

  • 対応が遅い、無反応、問い合わせても音信不通が一週間以上続く
  • スタッフの印象が悪い、人間関係の悩みから転職したいと相談したのに「保育士にはよくあることだから、その程度はガマンできないとダメ」と強弁された
  • 求人数が少なすぎるため、何か月たっても希望条件に合う保育園が出てこない
  • ホームページがわかりにくい、転職初心者が必要な情報にたどりつけない

多忙な保育士ですから、転職活動はタイトなスケジュールの合間を縫ってやるしかない人も多いのではないでしょうか。

それにもかかわらず、連絡が遅いというのは、転職活動の足を引っ張ります。やはり、スピーディーな対応を行ってもらえる保育士求人サイトを利用するのが、スムーズな転職活動を進めるためには大切です。

電話サポートも利用するべき

また、保育士求人サイトの多くは、利用者に対して電話対応によるサポートをしています。電話対応をしてくれるスタッフの人柄は、意外に重要なのです。

少ない給料や残業の多さ、職場での人間関係など、他の人には相談しにくい問題への理解があって、親身に話を聴いてくれるスタッフがいると心強いですよね。

さらに、せっかく登録しても、理想とする求人が出てこなかったり、希望する地域の求人がまったくなかったりするのは、「保育士求人サイトあるある」です。

それを避けるうえでも、全国各地の求人を豊富に持っているサイトを選ぶことがとても重要です!

転職活動をしている人は、必ずしもそれに慣れている人ばかりではありません。不慣れな人であっても、必要な情報までカンタンにたどりつけるサイトの「見やすさ」も重要です。実際に登録する前に、検索したいカテゴリーがどのような分類になっているのかなど、自分が見やすい形になっているかをチェックしておくといいでしょう。

筆者

関西で保育士をしています。転職経験あり。

スムーズな転職活動には、インターネットの情報を上手に活用しよう!

転職したいと考えたとき、まずはパソコンやスマホを使って、情報収集をし始める方が多いのではないでしょうか。

パソコンやスマホから見られるインターネットの情報、なかでも「口コミ」の意見を参考にしたいときには、「1人の意見」だけに強く影響を受けすぎないことが大切です。

「1人の意見」に強く影響を受けすぎることは、せっかく集めた情報が偏ってしまうということになり、自分の判断が間違った方向に進んでしまう可能性が高いのです。

そうならないためには、意識的に複数のサイトを使って、いろいろな面から情報を集めることが大切です。

さらに、自分が実際に保育士求人サイトを利用したら、ぜひ「口コミ」を投稿してみてはいかがでしょうか。

あなたの貴重な転職経験が、これからあなたも通った「転職活動の道」を悩みながら歩いていく人たちの大きなヒントになることでしょう。

保育士求人サイトの口コミは、全国の顔の知らない保育士たちが手を取り合う便利なシステムといえるのですから。

保育士 30代, 保育士 転職

30代保育士の転職、気をつけることは?【後編】

30代保育士の転職
30代保育士の転職

転職時に希望する条件は、優先順位をつけておく

転 職活動をスタートする第一歩として、転職したいと思ったきっ かけを振り返ってみましょう。「キャリアアップしたい」、「さらに高い給料がほしい」、「通勤時間を短くしたい」、「休暇を多く取りたい」など、転職を考 えるに至った理由を、思いついた順番でかまいませんので、箇条書きにしていきましょう。きっかけを振り返ることで、自分が転職先に対して、どのような理想 を抱いているかについて、第三者的に知ることができるはずです。

理由を箇条書きしたら、それを元にして希望する条件 について、優先順位をつけていきましょう。とはいえ、自分の理想をまんべんなく満たした求人に出会えるのは、宝くじに当たるようなものかもしれません。転 職を成功させるコツとしては、あらかじめ「これだけは譲れない条件」と「多少は妥協していい条件」をハッキリさせておくことです。これに基づいて転職活動 をすることで、より理想に近い条件の転職先と出会えるでしょう。

30代保育士の転職
30代保育士の転職

30代の保育士が転職を成功させるコツ

職場見学・説明会での情報収集を積極的に行う

「新卒じゃあるまいし、企業のウェブサイトをみたりして自分で情報収集をすれば十分!」と思っている保育士さんも多いのではないでしょうか?

実は、職場見学会やキャリア相談会、説明会に良いチャンスがたくさん潜んでいることが多いのです。

新しい知識を仕入れていると、面接のときに「キャリア以上に、きちんと知識をもっていて、勉強熱心な保育士さんなんだな」という印象をアピールすることが出来ます。また、企業の説明会に参加することで、その保育園に対する興味度をアピールすることもでき、面接で有利です。

また、「制度について詳しく理解できたので、お得に制度を利用することができました!先にはいっていた職場の先輩もしらなかったようで、驚かれました」ということもあるよう。

今までのキャリアにとらわれない

「今まで保育園だっから次も保育園」「幼稚園しか経験がないからそれ以外は・・・」と、これまでのキャリアをみて次の転職先を狭めてしまう保育士さんが実は多いのです。まだ30代、これからずっと同じキャリアをあゆんでいくのはとってももったいないもの。

いろいろな保育を経験したからこそ、見えるものもたくさんあると思います。「未経験だから不安・・・」という場合は、面接などで相談してみましょう。もしかしたら今の職場以上に適正のある職場が見つかるかもしれません。

同僚の「噂」にまどわされない

キャリアを積んでいる分、業界内の知り合いも多いのが30代。「この保育園は園長がね・・・」という噂もよく聞きますよね。

しかし、職場の「合う・合わない」は人によって大きくことなるもの。自分の目でみて判断するのが、良い職場を見つけるコツです。

筆者

関西で保育士をしています。転職経験あり。

まとめ

いかがでしたでしょうか。30代だから・・・と及び腰になっている方も、ぜひ新しい職場をみつけるために動いてみてくださいね。

保育士 30代, 保育士 転職

30代保育士の転職、気をつけることは?【前編】

30代保育士の転職
30代保育士の転職

保育園を支え、周囲のお手本的な存在として、30代の保育士は保育園にとっても貴重な戦力です。しかし、待遇面しかり、仕事内容しかり、勤めている保育園への何かしらの不満から、転職を検討する30代の保育士は珍しくありません。

かつては、「35歳転職限界説」という考え方がありました。けれども、保育業界に限らず、働く世代の年齢層が上がるにつれて、その考え方も古いものになってきたように感じます。とはいえ、保育業界の現状は、どうなっているのでしょうか?今回は、30代の保育士が気になる転職事情をご紹介し、さらに転職を成功させるコツもあわせてみていきましょう!

30代保育士の転職
30代保育士の転職

「年齢のボーダーライン」は、保育士の転職でもあるの?

保育業界でも、30代では転職がうまくいく可能性が下がってしまうのでしょうか?

実は、転職先によって「年齢は関係ない!」というところと、残念ながら年齢が関係あるところを2極化しているんです。

転職活動を成功させるためにも、しっかり事前に確認しておきましょう。

多くの保育園が求める「即戦力の30代」

保育士不足に苦しんでいる保育園が、近年ではさらに目立つようになったため、保育業界では他の業界と比べても年齢は気にせずとも転職しやすい状況です。今後、さらに保育士の需要は高まっていく見通しであり、30代であっても根気強い転職活動によって、希望する条件を満たした転職先を見つけられる可能性が高いと言えるでしょう。しかし、採用する保育園側は、30代の保育士に即戦力として活躍してもらいたいという期待があるため、それに応えられることが、転職を成功させる必須条件です。

未経験だけど・・・という方は、未経験歓迎など「即戦力ではなくてしっかりとサポートがある転職先」を選びましょう。

公立保育園の正職員だけは、年齢制限アリ?

希望する条件が、公立保育園の正職員となると、残念ながら30代からの転職は厳しいと言わざるを得ません。これは、保育園の運営元である各市区町村が、保育士を採用するにあたって年齢制限を設定しているからです。多くの市区町村では、20代までをボーダーラインとして設定しているようです。とはいえ、市区町村のなかには、年齢のボーダーラインを高めにしていたり、臨時職員の募集に限って年齢のボーダーラインを設定していなかったりするケースがあります。そのため、30代であっても、まずは希望する市区町村に問い合わせてみましょう。

筆者

関西で保育士をしています。転職は経験あり。

保育士を目指した理由は、ありきたりだけど子どもが大好きだったから。

毎日「あっ昨日できなかったのに!」という発見があるってとても楽しいこと。子どもの成長を身近でみていられる、これぞ保育士の醍醐味。

転職活動をスタートするには、何から手をつけたらいいの?

“勢い任せで転職”することは、30代の保育士にとってはご法度です。まずは、転職活動をスタートする前に、欠かさずにやっておきたいことをみていきましょう。

 

保育士 うつ, 保育士 休む, 保育士 休業

うつ病と診断された!保育園、どう休む?【保育士の休業】

保育士の休業
保育士の休業

保育士として忙しく・ストレスの多い毎日を過ごしていると、うつ病になってしまった保育士さんも多いと思います。実は私も同じような経験をしたことがあります。

うつ病になってしまうと、しっかりと休養をとることが大事ですので、仕事を休まなければならなくなるということもありますよね。

でもどうやって仕事を休めば良いのでしょうか。そもそも、休みたい時に休める職場であればうつ病になってないよ・・・と悩む保育士さん必見です。

今日は、園長先生や主任保育士先生への話し方や休職の進め方についてご紹介します。

保育士の休業
保育士の休業

そもそも仕事を休めるの?

就業規則を確認

まずは就業規則を確認してみましょう。

就業規則にはほとんどの場合、休業についての項目が書いてあります。

休業についての項目が書いてある場合は、その規則に沿ってある期間仕事を休むことができます。

保育園に行くことができない・・・と言う場合は電話でも構いませんので、まずは直属の上司となる主任の先生や園長先生に現在の状況を話してみましょう。

具体的に言うと、「うつ病と診断されたので、これだけの期間休職したい」ということを伝えるようにしましょう。

必要な書類について確認する

休職の手続きには、ほとんどの場合ある書類が必要です。

これも就業規則を確認してほしいのですが、お医者さんの診断書や本人から提出する休職願が必要な場合があります。

休業できる期間を確認して、お医者さんに診断書を作ってもらうようにお願いしてみましょう。

また、休職している間の給料は払われない、と言う保育園も多いようですが、その場合は傷病手当金と言う制度の代わりをすることができます。

この制度について分からない場合は、保育園の人事を担当している先生や、労務を担当している先生に聞いてみるようにしましょう。

筆者

関西で保育士をしています。転職は経験あり。

保育士を目指した理由は、ありきたりだけど子どもが大好きだったから。

毎日「あっ昨日できなかったのに!」という発見があるってとても楽しいこと。子どもの成長を身近でみていられる、これぞ保育士の醍醐味。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私も過去にうつ病と診断されたことがあります。その時は、なぜ自分のが・・・と悔しい気持ちがして、毎日泣いてしまったものですが、実際に治ってから振り返ってみると、同じような悩みを持っている保育士さんがたくさんいました。それを見て、「ストレスを感じたり、悩んだりすることは普通なことなのだ」と感じるようになり、ちょっと気持ちが楽になった気がします。

また病院に行ってみると、同じ悩みで病院にきている患者さんがとても多く、私だけではないんだ・・・と少し安心するような気持ちになりました。

今、病院に行こうかどうか迷っている方は、どんな些細な事でもまず病院に行ってみて欲しいなと思います。精神的な症状についていいづらい場合は、体の不調についてだけ相談してもいいと思います。そうすればきっと、今の辛い状態を和らげるための、専門的な正しいサポートが受けられるはずです。

保育士として働いていると、やりがいを感じることばかりではありません。辛いときには、誰かを頼ったり休んだりしてもいいんだな、ということを常に心に置いておくようにしましょうね。

 

保育 実技, 保育 絵本

保育士面接の実技でも!保育園で使える絵本「ねずみくんのチョッキ」

保育園で使える絵本「ねずみくんのチョッキ」
保育園で使える絵本「ねずみくんのチョッキ」

「せんせー、読んで!」1・2・3歳児向け絵本『ねずみくんのチョッキ』

タイトル:『ねずみくんのチョッキ』

対象年齢:1・2・3歳児

作者:なかえ よしを

絵:上野 紀子

出版社:ポプラ社

保育園で使える絵本「ねずみくんのチョッキ」
保育園で使える絵本「ねずみくんのチョッキ」

◇あらすじ◇

おかあさんに編んでもらったチョッキを着て、「ぴったり にあうでしょう」とねずみくんは得意げな顔をしています。

そこに、たくさんやってきたのは、ねずみくんのお友だちでした。

最初にやってきたあひるさん、ねずみくんのチョッキを着てみたら、少しきつそうにしていました。そんなあひるさんを見かけたさるくん、「ぼくにも着せてよ」と声をかけてきました。

あひるさん、さるくん、そして次から次へとお友だちが「チョッキを着せてよ」と言ってやってきます。

最後にやってきたのは…、なんとゾウさんでした!!

ねずみくんにぴったりの小さなチョッキ、それを大きな体のゾウさんが着てしまったら、チョッキはどうなってしまうのでしょう…。

ゾウさんにチョッキを貸してから、ねずみくんには元気がありませんでした。

けれども、元気がなかったねずみくんでしたが、最後にはゾウさんと仲良く遊んでいるではありませんか!

そう、ゾウさんがチョッキを着たら、なんと「○○」に大変身したのです!

 

◇注目ポイント◇

このお話では、主人公のねずみくんをはじめ、たくさんの動物のお友だちが登場します。動物好きな子どもたちは、自然に興味を持ってくれることでしょう。

チョッキを貸してあげるねずみくんの優しさ、さらにお友だちと遊ぶ活発な様子にも注目したい、可愛らしい絵本です!

 

◇読み聞かせのコツ◇

この絵本には、文字がなくイラストだけ描かれているページがあります。だからといって、足早に次のページに進むのではなく、そのイラストから子どもたちが絵本の世界をイメージして、想像を膨らませられるかが大切になります。

また、このお話では、元気がなくなったねずみくんのページに、文章がないのも特徴です。保育士から子どもたちに対して、「なんでねずみくん、元気なくなったのかな?」など、子どもたちがねずみくんの気持ちを考えられるように、ヒントとなる言葉をかけてあげることがコツになります。

 

筆者

関西で保育士をしています。転職は経験あり。

保育士を目指した理由は、ありきたりだけど子どもが大好きだったから。

毎日「あっ昨日できなかったのに!」という発見があるってとても楽しいこと。子どもの成長を身近でみていられる、これぞ保育士の醍醐味。

 

まとめ

いかがでしたか?この絵本、かなり昔からある絵本ですよね。

私が新人時代から、何十回も(ヘタしたら何百回も?)読んでいる絵本ですが、読むたびに子どもたちは大盛り上がりです。

保育士さんの面接では「読み聞かせをやってみてください」と言われることも多いのですが、そのときに抑揚をつけて表現しやすいこの絵本を選ぶと、面接官にも好印象かもしれません。

読んだことないな、と言う方は、ちょっと本屋さんをのぞいてみるのもいいかもしれませんね。

保育士 うつ

ブラックな保育園の保育士求人を見抜くコツ

ブラックな保育園の保育士求人
ブラックな保育園の保育士求人

保育士求人の中から、ブラックな求人を見抜くコツというのをご紹介いたします。

ブラックな保育園の保育士求人
ブラックな保育園の保育士求人

あふれかえる高待遇求人

今、たくさんの保育士さんの求人サイトがありますよね。検索しても、ずらーーーーっと並んでいます。

しかも驚くことに、どの求人サイトをみても、高待遇なものばっかりなんです。

ここで、疑い深い性格の私は、この状況を素直によろこぶことはできません。このたくさんの求人、なかには絶対に待遇を「盛ってる」ものがあるに違いません。

そんな悪質なうそにひっかからないために・・・それでは今から、求人サイトに溢れているたくさんの保育士求人の中から、これはやばい!というブラックな求人を見抜くコツ、というのをお伝えいたしますね。

ポイントは2つ!ここに注目

残業の記載の仕方が「あれ」だったらブラックかも

気になる1つめは、「残業」の書かれ方です。

「残業はたっぷりあります!!!」

と明言している保育園はないと思います。だれだって、保育士さんはみんな残業があることを嫌がるからです。むしろ好きな人はいるんでしょうか・・・

これは保育士に限ったことではありませんよね。保育士でなくても残業はしたくないです。お金もらえるならまだしも、サービス残業とかもってのほかです。

実際に残業があるかどうかを見抜くのは、実はお給料のところに記載されています。

お給料のところに「みなし残業手当」や「固定残業手当」という文字列が書いてあったら、その保育園はマークしたほうがいいです。

実は、みなし残業や固定残業と書いてあるようなところは、ある程度残業が発生している保育園がほとんどです。もちろん、規定上かいてある、という保育園もありますので、実態は要チェックです。

試用期間の待遇

2つ目の要注意ポイントは試用期間です。

就職がきまって雇用契約書をみてみると「試用期間」とかいてあるところはありませんか?

試用期間があることはごくごく一般的です。ですが問題は、その期間の待遇なんです。

通常ですと、ちょっとだけお給料が低い、という程度です。自分が経営者だったら、と考えると、全く知らない人を採用するわけですもの、当然ですよね。

使えるか使えないか、その前に危険か安全か分からない人を自分の保育園にいれるわけですから、ちょっとは様子見させてよね、というわけです。

でも中には、雇用形態まで変わってしまうような保育園もあるんです。

雇用形態がちがっていたり、お給料の下がり方があれ・・・?というほどであれば、かならずサインする前に確認しましょう。

というか、面接の段階で、試用期間の有無・長さ・待遇について確認しておきましょう。

筆者

関西で保育士をしています。転職は経験あり。

保育士を目指した理由は、ありきたりだけど子どもが大好きだったから。

毎日「あっ昨日できなかったのに!」という発見があるってとても楽しいこと。子どもの成長を身近でみていられる、これぞ保育士の醍醐味。

まとめ

いかがでしたか?

実は私、試用期間でトラブルになりかけたことがあるんです。

月給20ウン万円の正社員として就職する、という話がまとまっていたはずなのに、契約書を見てみると、試用期間3ヶ月の間は時給800円のアルバイト。たまったもんじゃないです。

こういった「不利な条件で契約してしまった・・・」ということがないように、しっかりチェックしておきましょうね。

保育士 うつ

ブラックな保育園さんさようなら^^そうだ、退職だ。

ブラックな保育園さんさようなら
ブラックな保育園さんさようなら

いきなりですが、なんだか最近うつっぽい

  • 最近、寝付きが悪い。
  • 最近、なぜかどうしようもなく泣きたくなる時がある。
  • 最近、朝が死ぬほど辛くておきれない。
  • 最近、好きな食べ物をみても食欲がわかない。

こんな気分になることはありませんか?

どんだけ働いてもお給料は増えないし、増えるといえば保護者からの苦情や先輩たちからの嫌味くらい。同じような経験してる保育士さん、きっといらっしゃるんじゃないかなと思います。

ブラックな保育園さんさようなら
ブラックな保育園さんさようなら

ブラック保育園にさようならすることにした

私だって、楽しく働きたい。子どものことだけ考えて、楽しく働いて、できればお給料もほしい。

お休みの日は持ち帰りの仕事やるんじゃなくて買い物に行きたいし、最近流行りのDIYとかやりたい。DIYも、貧乏だからDIYするんじゃなくて、ちゃんとした材料かって良いものつくりたい。

こういうことを言うのって、今までなんとなく遠慮してしまっていたけど、きちんと自分の保育士としてのキャリアを見つめてみようと思います。

こんなブラックな保育園で人生を無駄にするなんてもったいない!

筆者

関西で保育士をしています。転職は経験あり。

保育士を目指した理由は、ありきたりだけど子どもが大好きだったから。

毎日「あっ昨日できなかったのに!」という発見があるってとても楽しいこと。子どもの成長を身近でみていられる、これぞ保育士の醍醐味。

これから

とりあえず退職することにしたってのはいいんだけど、果たしてこれからどうする?状態。

また保育士として仕事をさがすか・・・いやでももうトラウマレベルなんだよな・・・とか、ぐるぐる考えちゃいますね。

でも、今まで保育士としてしか働いたことないし、ほかの職種に転換するのももう遅い?どうしよう?

そんな悩みを今日から抱えて、とりあえず明日も保育園に出勤してこようとおもいます。